社会貢献したい人向け『パルシステムでんき』

 

電力自由化にともない、食材宅配サービスでも知られる「パルシステム」が、新しく参入しました。

再生可能エネルギーに挑戦している産直産地や、地域と連携することによって電気を調達し、小売を行っています。

FIT電気を中心に供給していること、生産者の顔がHPに掲載されている安心感もあり、注目されています。

パルシステムでんきの手続きや料金形態について説明していきます。

そもそも電力自由化とは?安くなるの?

今までは、住んでいる地域によって、契約できる電力会社が限られていました。

それが2016年4月に制定された電力自由化によって、今までの電力会社だけではなく、新しく参入する電力会社からの電気の契約もできるようになりました。

 

現在では、多くの企業や電力会社がサービスを提供するようになったのです。

より安くできるとの宣伝で、競争が始まっています。

今まで何もしていなければ、条件によっては安くなる場合が多いので、こういった簡単に節約できるところから始めてみるのはいかがでしょうか?

 

手続きはめんどう?食材を取ってなくても大丈夫?

パルシステムでんきは、生協組合のパルシステムに加入している「組合員のみ」が契約できます。

そのため毎月の支払い方法は、パルシステム商品の支払いと合算されるようになります。

 

商品の注文をしない月は、電気料金のみが請求されるようになり、圧着はがきが自宅に届きます。

パルシステムの会員を解約すると、パルシステムでんきからも自動解約となります。

 

なお、同じ食材宅配サービスを運営するヨシケイでも、電力事業に参入しています。

 

パルシステムでんきで、どのくらい安くなるのか?

パルシステムでんきでは、契約しているアンペアが10~60の一般家庭向けの「発電産地応援プランA」があります。

東京電力の「従量電灯B」が該当し、基本料金や従量料金には違いがありません。

 

そのため、電気料金を安くしたい人にとってはメリットが少なくなってしまいます。

パルシステムでんきでは、供給している電気のほとんどをFIT電気でまかなっているため、再生可能エネルギーは国内電力会社の中でもトップクラスになります。

 

なので、家族で再生可能エネルギーを使いたい人には最適です。

再生可能エネルギーとは、石油、石炭、ガスなどの化石エネルギーではなく、太陽光発電、風力発電、水力発電のような自然のエネルギーを利用した発電のこと

パルシステムでんきでは、料金を極端に安くすることは期待できませんが、このような地球環境に優しいと言われる発電方法を利用しているのです。

しかも、今までより電気料金が高くならないことが、パルシステムの大きなメリットです。

 

発電産地応援金とは?

パルシステムでんきには、発電産地応援金というものがあります。

これは、基本料金に含まれているものです。

 

このお金は、発電産地の電力事業開発や、新発電所の建設などの資金として使われています。

環境を配慮したい人向けの電力事業といえるのではないでしょうか。

 

まとめ

パルシステムを使っている人にとっては、安心感もありますよね。

環境の為にも何かしたいけど、何からはじめていいのかわからない人にとっても、再生可能エネルギーをメインとするパルシステムでんきは、メリットが大きいでしょう。

節約の面では物足りなさもありますが、口座払いやクレジットカード払いにも対応しているなど選択肢が多いのも嬉しいですね。

 

ヨシケイのお試しセット

-ブログ

© 2020 ヨシケイを10年利用した口コミ