フライパンを長持ちさせる方法とおすすめコーティング

 

調理機器としてどこの家庭にもあり、料理と聞くと一番初めに思い浮かべるのも「フライパン」ではないでしょうか。

近頃は手頃な価格で購入できるようになり、焦げ付き防止のためのコーティングがほどこされているものもあります。

 

ただしフライパンはあくまでも消耗品になり、必ず寿命があるものです。

そんなフライパンを、なるべく長く使う方法や、おすすめのコーティングの種類についてご説明していきます。

 

フライパンが古くなると害があるって本当?

市販で簡単に購入できるフライパンの多くがアルミ素材で“フッ素加工”が施されています。

長く使っていると表面の加工が剥がれてしまい、こびりつきやすくなってしまった経験があるかもしれません。

これを新しいフライパンの買い時として判断していることも。

 

フッ素樹脂が剥がれた場所から、料理をする度にアルミニウムが溶け出します。

でもよく考えてみると、この剥がれたフッ素加工=樹脂PTEEはどこにいったと思いますか?

 

実は料理と一緒に体のなかに取り込まれてしまいます。

ほとんどは体の外に排出されると考えられていますが、体にとって有害となるものはできるだけ避けたいものですよね。

一旦体のなかに取り込まれたアルミニウムは、排出されにくく腎臓や泌尿器などに影響すると考えられています。

また、フッ素加工のフライパンが一番懸念されるのが「過燃焼の有毒ガス」です。

 

長くコーティングを維持する方法

高級なフライパンなら少し長持ちしますが、いくら安いものを選んだとしても、そんなに頻繁には買い替えたくないですよね。

そこで、少し気をつけることで、なるべく長く使える方法をご紹介します。

 

まず、フライパンのコーティングを長持ちさせる為に『空焚きをしない』ことをおすすめします。

フライパンの使用上の注意をよく見ると、大抵はこの注意書きがあります。

フライパンの劣化の原因になったり、人体に影響が出てしまいます。

 

そして調理したあとは、熱くなっているフライパンをそのまま水で急激に冷やすのも良くありません。

熱い鍋を水で冷やして汚れを一気に浮かせたりすると、コーティングまで剥がれてしまう原因となります。

 

また、フライパンに傷がつかないようにシリコンや樹脂などのヘラを使い、調理時にフライパンに傷をつけないようにします。

金属製のものを触れさせない方が良いですね。

 

フライパンを食洗機で洗うのはおすすめしません。専用の洗剤だったり水の勢いが負荷の原因になります。

そして洗ったあとは、フライパンの水気をすぐに拭き取るようにします。

 

おすすめのコーティングの種類とは?

PFOAフリー、PTFEフリーのフライパンを選ぶようにしましょう。

例えば鉄製・ステンレス製・セラミック加工のフライパンはPFOAやPTFEを使用していません。

また底板が分厚いものを選ぶと、長く愛用できます。

 

この部分が薄いと火が直接当たる部分だけ高温になりコーティングの負担になってしまうのです。

PFOAフリー、PTFEフリーのフライパンを積極的に選ぶようにしたいものですね。

 

まとめ

意外と知らない、フッ素加工のフライパンの危険性を説明しました。

フッ素については、最近ネット上の噂もありますよね。

フライパンは消耗品ですが、なるべく長持ちさせる工夫や、コーティングの種類に考慮して選ぶようにしたいものですね。

 

ヨシケイのお試しセット

YOSHIKEI(ヨシケイ)

※一日に50万食が配達されるヨシケイで、1番売れているメニューがプチママです。

公式サイト▶食材宅配のヨシケイ

 

実際にお試しセットを注文してみました↓

 

-ブログ

© 2020 ヨシケイを10年利用した口コミ