魚料理

魚料理って大変!でも簡単に自然に食卓に取り入れる方法はこちら

 

日本は昔から長寿国としても知られており、その食事の多くに魚が取り入れられてきました。

それなのに日本人の魚の消費量は年々減少しています。

 

今の日本の食事は欧米化が進んでしまい、魚を食べる機会が少なくなっています。

調理方法が大変だったり、捕獲量の減少による値段の高騰なども影響しているようです。

日本人の魚不足には、どんな影響があるのでしょうか。

 

魚不足はどんな栄養素が不足しがちになるの?肉ばかりだと悪影響がある?

魚を中心とした食生活は、これまで日本人の健康を支えてきました。

魚のなかに多くふくまれる「DHA」や「EPA」は主にマグロやイワシ・サンマなどの青魚に含まれる脂肪酸でもあります。

魚が生存する為にも欠かせない成分ですが、人間にとっても必須脂肪酸になります。

人間の体を構成する成分になり、全身に存在し健康を維持する働きをしています。

 

魚料理を全くしなくなると、必要な栄養素であるDHAやEPAが不足しがちとなり、さまざまなリスクがあります。

  • 記憶力や集中力の低下
  • アレルギーの発症
  • 中性脂肪の増加
  • 血液がどろどろになり血栓ができやすくなる

 

そもそもDHAは、人間の脳や目の網膜の脂質成分で、脳のなかに入り栄養素として機能します。

EPAは血液をサラサラにしたり、中性脂肪を抑える効果が期待できます。

なので両方をバランスよく摂取することが大切です。

 

肉も人間にとって必要な食材ではありますが、偏ってしまうことで、健康維持の為にも定期的に摂取しなくてはいけない魚を食べる機会が少なくなってしまっているのです。

あなたは食生活が偏ってはいませんか?

 

調理や後片付けが大変な魚料理を、簡単にできる調理済の宅配サービスが便利

たしかに魚料理は調理が大変だったり、片付けても匂いが残ってしまうなど、自宅で調理するのが難しい食材でもあります。

魚を焼いたあとに部屋のなかに匂いが残って充満してしまうと、洋服についてしまうことも…。

食べるのもホネがあって大変だったり、どうしても肉に比べて食卓に出すのを避けてしまう方も多いのでは?

 

そもそも魚が苦手で匂いなんて論外!なんて人もいるかもしれません。

 

そんなあなたには、食材宅配サービスが向いています。

宅配サービスでも、最近では魚だけ調理済みの物が入っていたり、冷凍の弁当もあります。

魚を自宅で調理するのではなく、調理済みの宅配サービスを使い続けるほうが、魚を食べるのも負担になりません。

購入する手間もかかりませんし、美味しく調理してくれているので、魚のくさみも気にならずに美味しく食べられます。

 

利用しているだけで【肉・魚・野菜のバランス】が最適化される

日本人の魚不足は年々深刻化しています。

旬の魚を自分で料理して食べるのは大変ですし、後処理をするのも時間がかかります。

だからといって、肉料理ばかりになったりすると食生活は偏ります。

もちろん肉も必要ですが、魚や野菜などもバランスよく食べることが大切なことです。

 

魚を積極的に食べ、DHAやEPAを体に取り入れ健康維持に繋げるようにしてくださいね。

1番簡単なのは、宅配サービスで調理済みの料理を届けてもらうのが、肉・魚・野菜のバランスが取れるのでおすすめの方法です。

 

ヨシケイのお試しセット

YOSHIKEI(ヨシケイ)

※一日に50万食が配達されるヨシケイで、1番売れているメニューがプチママです。

公式サイト▶食材宅配のヨシケイ

 

実際にお試しセットを注文してみました↓

 

-ブログ

© 2020 ヨシケイを10年利用した口コミ