フライパンの振り方・返し方

更新日:

フライパンの振り方

フライパンの振り方をマスターする方法

フライパンの振り方や返し方について、なかなか上手にできないという方もいると思います。

テレビで見ると簡単そうに見えてしまうのですが、実際にやってみるとうまくできないことも多いですよね。

さらに最近では、IHの調理器具も増えてきて、ガスの時とは違い、フライパンを持ち上げる動作をすると、火が通らなくなってしまいます。

 

しかし綺麗に返すことができると、いろんなメリットがあるのです。

一つ一つを箸でひっくり返したりするのは大変ですよね。

 

そこで、過去に中華鍋を振っていた経験のある私が、フライパンの振り方や返し方について、解説していきたいと思います。

IHだとしても、全然大丈夫です。

スポンサーリンク

 

フライパンを振る理由

実際には、箸でひっくり返したり、かき混ぜることによっても普通に料理はできてしまうものです。

しかし、全体にまんべんなく火を通したり、簡単に上と下をひっくり返したりすることができるため、毎日料理をするのであれば覚えておいた方が良いし、料理も楽しくなります。

 

また、小刻みにフライパンを前後に動かす動作をすることによって、材料が焦げ付いてフライパンにくっついてしまう事を防ぐこともできます。

チャーハンを作る際には、パラパラにするためには必須ですよね。

 

さらに、調味料などを入れたときにも、すぐに全体に均等に混ぜることができるのです。

 

このように、フライパンの扱いが上手であれば、自分が楽になるだけでなく、味にも影響してくるのです。

 

フライパンの返し方のコツ

中華鍋の振り方

簡単に一言でいってしまうと

【ひっくりかえそうとして、上に持ち上げるのではなく、手前に引く】

ことが大切なんです。

 

中華鍋を振っている料理人は、鍋を上に持ち上げていないのをご存知ですか?

よく見るとわかるのですが、鍋の底を下に着けたままで、前後にスライドする動作だけで食材をひっくり返しているのです。

これは北京鍋、上海鍋のどちらでも同じです。

 

空中に持ち上げながら調理すると、疲れてしまうことも理由の一つです。

(あの重い中華鍋を、持ち上げてひっくり返していたとしたら、すぐに腱鞘炎になってしまします)

 

実際は、全くフライパンを持ち上げなくても、手前に引くだけで簡単に返すことができるんですよ。

 

これは家庭用のフライパンでも同じで、上に持ち上げようとする動きでは上手に返りません。

また、たとえ上にあがったとしても、落ちて来るときにベチャっと水分が跳ねてしまいます。

 

手前に引くことによって、フライパンの先で自動的にひっくり返すのです。

コツをつかむまでは、まずは食材以外のもので練習するのが良いですよ。

 

フライパンの練習方法

まずは滑りやすい米粒で練習するのが効果的です。

私も中華鍋の練習をするときには、初めは米を使用しました。

 

滑りやすい物なら、米粒以外のものでも大丈夫です。

コツは、上に持ち上げようとしない!

これを意識して練習しましょう。

 

慣れてくれば、次は水を使ってやってみましょう。

液体でもできるようになれば、水分の多い料理の場合でも、返した時にべチャっと飛び跳ねることなく返すことができるようになりますよ。

 

これを覚えれば、麻婆豆腐を作るときてでも、便利で効果を発揮します。

食材は、お玉の底で少し押すようにしてひっくり返すと、豆腐を崩さずに調理できますよ。

 

IHクッキングヒーターの場合

IHクッキングヒーター

ガスではなく電気で調理することのできるIHですが、最近はこのタイプも増えてきましたね。

私の娘の家でも、一人暮らしなので、このタイプを使用して調理しています。

 

これまではIHの欠点はその火力だったのですが、最近では火力の強い一体型のタイプもあります。

また、若い人だけでなく、年配の方でもガスよりも安心して使用できるため、これからますます増えていくのではないでしょうか。

 

しかし、IHクッキングヒーターの場合、フライパンを持ち上げると火が通らなくなってしまうんですよね・・・当然ですが。

これは仕様なので仕方のない事なのですが、フライパンの返し方をマスターすれば、IHだろうが全然大丈夫なんです。

 

フライパンを下に着けたまま、まったく持ち上げずにひっくり返すことができます。

コツは、『最初は前方にややゆっくり押して、材料が端まで行くときに、フライパンを手前に引く』ことです。

 

 

これも慣れれば簡単にできるようになり、フライパンの底を着けたまま、全く持ち上げずに前後にスライドするだけで材料がびっくり反ります。

箸を使わなくても調理ができるようになっちゃいますよ。

スポンサーリンク

当日朝5:00まで注文が可能なヨシケイの新サービス『夕食ネット』

 

※ヨシケイの5日間お試しセットはこちら

新登場の『カットミール』はまだ全エリアに対応していませんのでご注意ください。

-その他

Copyright© ヨシケイを10年利用した主婦のリアルな口コミ , 2018 All Rights Reserved.