コープふくしまの個人宅配とパルシステムの違い

 

CMでもお馴染みのコープふくしまの個人宅配についてご紹介します。

どんな物を届けてくれるのか?
システムはどうなっているのか?
パルシステムとの違い

などを中心に、解説していきたいと思います。

コープふくしまの個人宅配とは?

生活協同組合コープふくしまが運営している個人宅配は、生鮮食品や生活雑貨、衣料品などをカタログを見て注文し、自宅まで配達してくれるサービスです。

ヨシケイのようなレシピ付きの夕食材料の宅配というよりも、ネットスーパーに近いような使い方になります。

食品、雑貨、衣料品など毎週4,000点もの商品を取り扱っています。

 

届けられたカタログを見て注文するか、インターネットで注文すれば、翌週の決まった日に商品が届きます。

生活に必要な全てが揃うと言っても過言ではありませんので、毎日なかなか外に出れない方など、非常に便利に利用できます。

パルシステムとの違い

福島県の位置関係から、関東を中心とするパルシステムと、東北を中心とする個人宅配の両方があります。

パルシステムでは、今回ご紹介しているコープふくしまとはエリアも違います。 

宅配可能エリアの違い

コープふくしまの配送エリアは、県北(福島市)・県中(郡山市~須賀川市)・浜通り(相馬市~いわき市)

その他福島県の他の地域では、コープあいづと県南生活協同組合があり、それぞれのエリアに届けています。

これに対してパルシステムのエリアは、福島市全域・郡山市・いわき市全域・白河市・須賀川市・二本松市・本宮市全域・田村市船引町・安達郡・岩瀬郡・西白河郡中島村全域・西白河郡泉崎村全域・西白河郡矢吹町・石川郡玉川村全域・田村郡三春町・双葉郡広野町

 

以上のようなエリアの違いがありますので、コープふくしまではエリア外だったとしても、パルシステムなら利用できる場合もありますのでご確認ください。

取り扱いメニューの違い

コープふくしまでは、生鮮食品・生活雑貨・衣料品のほか、夕食宅配も行っています。

これは弁当を届けてくれるコースで、栄養士が考えた、バランスの良い日替わり弁当(500〜700円ほど)です。

そのため毎日利用でき、しかもレンジで温めるだけなので、簡単に夕食が出来上がります。

 

これに対してパルシステムでは、夕食材料の宅配も行っています。

一品料理になりますが、らくらく晩ごはんなど、全ての食材が入っていますので、簡単に調理して夕食が完成します。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

パルシステムのご紹介

 

配達料や出資金の違い

コープふくしまでは、出資金が2,000円必要になるほか、毎週注文がなくても180円の手数料が発生します(ご近所さんと一緒に受け取るなどで割引あり)

これに対してパルシステムでは、出資金が福島県なら2,000円のほか、手数料が毎週194円(割引制度あり)かかります。

 

こちらが個人宅配の公式ホームページになっています。

コープふくしまの個人宅配

トップページが重いので、画面が出るのに時間がかかりますが、こちらで申し込みができます。

 

以上、簡単にはなりましたが、コープふくしまのご紹介でした。

なお、パルシステムではお試しセットもあり、生協に加入する前に、食材の良さを試すことができます。

 

ヨシケイのお試しセット

-食材宅配業者の比較

© 2020 ヨシケイを10年利用した口コミ