血糖値が気になる方に話題の菊芋(キクイモ)

更新日:

ある食材を食べる習慣のある地域では、なぜか健康で長生きのお年寄りが多いとテレビでやっていました。

それが菊芋と言われる食べ物です。

でも、スーパーでも見たことないですし、名前もなじみがない地域がほとんどだと思います。

この菊芋と呼ばれる食材に、どんなに凄い効果があるのかについて、ご紹介していきたいと思います。

 

天然のインスリンと呼ばれる【イヌリン】を含む菊芋

ヨシケイのメニューは、専属の管理栄養士が、1週間分のトータルで栄養素を考えてレシピを考案していますので、利用し続けることで自然と健康になるというのが売りです。

そのため、ヨシケイだけ食べていれば健康は維持できるでしょう。

 

しかし私の場合、それでも余計な物をプラスして食べてしまうこともあります…

また、私もそうですが、毎晩のようにお酒を飲んだりする人は、つまみも必要ですし、そうすると意外にもカロリーを摂取していたりします。

さらに年齢とともにどうしても基礎代謝は落ちてきますので、同じ量しか食べていなくても、余計なお肉が付いてしまいますよね。

日本での糖尿病患者は、すでに1000万人を超えていると言われています。

 

ヨシケイでも、食事制限が必要な方向けの【ヘルシーメニュー】がありますが、そんな健康に気を遣わなければならない人におすすめなのが、菊芋なんです。

テレビでも度々取り上げられ話題となっていますが、この菊芋を多く食べる地域に住む高齢者の方は、他の地域に住む方に比べて健康的だと紹介されていました。

スポンサーリンク

 

菊芋ってどんな芋なんでしょうか?

菊芋は、元々はアメリカ原産の植物で、日本に入ってきたのは江戸時代の末期になります。

日本名の菊芋という名前は、菊に似たような花をつけ、根が生姜に似たような形の芋になることから【キクイモ】と呼ばれるようになりました。

 

ですから正式なイモではなく、キク科なんです。

 

そのため、芋類のようなデンプンはほとんど含まれません。

その代わりに、この菊芋の特徴である【イヌリン】という成分を豊富に含みます。

このイヌリンが、健康の維持に重要な働きをしてくれるのです。

 

菊芋の主成分イヌリンの効能

ごはんやパンなどの食事を摂ると、血液中にブドウ糖が取り込まれて全身に運ばれます。

これを、すい臓から分泌されるインスリンの働きによって、栄養分として体に取り込まれるのです。

 

しかし、何らかの原因でこのインスリンが分泌されない場合や、カロリーの摂りすぎによってインスリンの量が足りなくなると、血糖値が上がってしまいます。

この状態が続くと、糖尿病になってしまう危険性があるのです。

 

そこで、菊芋に豊富に含まれているイヌリンが効果を発揮します。

【天然のインスリン】と呼ばれるくらいのイヌリンですから、その効能は血糖値が気になる方にとって最も大切な働きをしてくれます。

しかも、じゃが芋などに比べて低カロリーなので、菊芋を食べ続けるだけで糖尿病の予防や、改善の効果が期待できるのです。

 

菊芋を購入するには?

菊芋は一年中食べれるものではありません。

冬の時期の数か月間しか収穫できないため、生のものを購入して食べるには、時期が限られてきます。

 

一年を通して健康に気を付けたいという方には、菊芋のサプリもあります。

サプリなら、一年中摂取できますし、調理する必要もありませんので継続的に利用できます。

 

ヨシケイを利用しながら菊芋のサプリメントを毎日服用すれば、スーパーで毎日自分の好きなものばかり買ってきて食べているよりも、よっぽど健康的で元気になれるのではないでしょうか?

 

 

 

当日朝5:00まで注文が可能なヨシケイの新サービス『夕食ネット』

 

※ヨシケイの5日間お試しセットはこちら

新登場の『カットミール』はまだ全エリアに対応していませんのでご注意ください。

-その他

Copyright© ヨシケイを10年利用した主婦のリアルな口コミ , 2018 All Rights Reserved.