ヨシケイとフードロス

更新日:

どうせいつも同じものを買うなら、少しでも社会貢献できた方が良いですよね?

 

ヨシケイを利用することはフードロス削減になる?

『いただきます』という言葉の語源については様々な説があります。

その一つ『食材となった生物の命をいただいていることに感謝します』というのが私は一番好きですね。

 

その犠牲となった命により、生かされている私たち日本人が、感謝の気持ちを込めて手を合わせるということなのです。

 

ところが今の世の中、食品が食べられずに大量に捨てられるフードロスが問題となっています。

 

世界のフードロスの現状

なんと、世界中で作られる食品の3割にあたる、13億トンもの量が食べられずに廃棄されているそうです。

これらは、食べ残しや、売れ残り、そして期限切れの廃棄などで起こります。

 

そしてそのほとんどが、先進国での問題です。

かたや飢餓に苦しんでいる国もあるのに、と思ってしまいますね。

 

日本のフードロスの現状

ヨシケイのメニューには、『ヨシケイでフードロスをなくそう』と書かれていて、食品ロス削減国民運動に参加している企業です。

我が国では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間632万トン発生しています(平成25年度)。世界で約8億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である我が国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開します。

農林水産省の食品ロス削減国民運動

 

日本においても毎年632万トンもの食料が廃棄されているようです。

これはコンビニの弁当を考えるとわかるのですが、販売期限を過ぎると棚から撤去されて廃棄されてしまいます。

なんだよ販売期限って!と思ってしまいます。

 

その前に安売りしてくれたり、販売期限を過ぎても賞味期限がまだの物は、どこかに寄付するとかできればよいのですが、それもできないようです。

 

捨てる方が利益になるからだということですね。

本当にもったいないことです。

 

ヨシケイを利用すると生ゴミが出ない

ヨシケイを利用してみると分かるのですが、フードロスの削減になるというのが良くわかります。

これは、ヨシケイの仕組みの特性で、使いきる分の材料しか届かないということが原因です。

 

また、カット野菜を使用すると、皮を剥いたりすることもないため、生ゴミの量が圧倒的に減ります。

ヨシケイを利用するだけで、このような大きな問題に、少しでも貢献できるということですね。

 

さらにこんなシステムがあれば

ヨシケイでは、利用することでポイントが付いたりしますが、そのポイントでカタログから好きな商品と交換することもできます。

私もこれを利用して、ホットプレートを貰ったのですが、例えばその1%を自動的に寄付できるシステムなんかがあれば、私は間違いなく寄付の方を選びますね。

 

現在はこのようなシステムはないのですが、フードロスをなくそうと取り組んでいるヨシケイですから、考えていただきたいです。

ヨシケイを取るだけで社会貢献になるといえば、利用したい人もさらに増えるのではないでしょうか。

 

-その他

Copyright© ヨシケイを10年利用した主婦のリアルな口コミ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.