ヨシケイの加工場

ヨシケイの加工場の求人について

 

ヨシケイの配達以外の仕事で、食材のカットをしたり計量したりする仕事もあります。

立ち仕事で女性の多い職場で、パートとして扶養の範囲内で働けたりするなどできる仕事です。

今回は、ヨシケイの工場の仕事内容について解説していきます。

 

公式サイトへ▶食材宅配のヨシケイ
 

ヨシケイのパート・アルバイトの求人

求人情報を見てみると、ヨシケイの求人が載っていることがたまにありますね。

その多くはスマイルレディとかヨシケイレディと呼ばれている、配達をする人の求人です。

 

しかしヨシケイでは、配達するスタッフの仕事だけでなく、様々な工程を経てお客さんの所に食材が届きます。

食材の仕入担当、入ってきた食材の加工担当、箱に詰め込む作業の担当、配達する担当など。

 

そのうちの一つ、加工場の求人もたまに出ています。

配達する女性は正社員ですが、加工場で働く人たちはパート、アルバイト待遇で縁の下の力持ちとして会社を支えています。

 

ヨシケイの加工場の仕事

加工場の仕事の内容ですが、一言でいうと、翌日の配達する分の食材を用意する、というものです。

 

通常は、朝8時の朝礼から始まり、夕方5時までの勤務となりますが、パートでの契約であれば、午前中だけという人もいます。

服装は、食品会社らしく、制服があり、マスクを着用しての仕事となります。

 

テーブルの上で、野菜を軽量して袋詰めしたり、カット野菜の機械を操作したりもします。

そして、25個または50個単位で、カゴに数えながら入れていくまでの作業となります。

 

なぜこのように、区切りのよい決まった数でカゴに入れていくのかというと

翌朝のライン作業で箱詰めをする際に、食材がダブって入ったときや、入れ忘れた場合に、すぐに間違いが分かるようにするためです。

 

具体的には、翌朝の箱詰め作業は、箱をローラーで50箱単位で流すのです。

そこで、食材を一箱に一つずつ入れていく担当者がいて、流れ作業で決まった位置に入れていきます。

  • 途中で食材が無くなった場合⇒どこかの箱に2つ入れてしまった
  • 一つ余ってしまった場合⇒どこかに箱に入れ忘れた

という事が分かるようになっています。

 

このようにして、お客さんの所に届くセットに、過不足が無いようにすることができるのです。

 

加工場の雰囲気や年齢層

加工場で働く人は、圧倒的に女性が多いです。

それは、時給も関係しているのかもしれません。

扶養の範囲内で働く女性も多いです。

 

そして年齢層に関しては、配達するスタッフよりは年齢層が若干高いです。

テーブルを何人かで囲んでの作業ですので、女性同士の会話もありの職場です。

 

しかし大変な面もあります。

まずは、単調な作業になるので、時間が経つのが遅く感じてしまうこと。

そして、入社したばかりの時には、1日立ち作業となるため、個人差はありますが足が痛くて夜眠れなくなる人も多いです。

 

そんな場合の対処法としては、少し足を高くして寝ると、痛みが軽減されるそうですよ。

また最初だけで、立ち仕事に徐々に慣れてくるに従い痛みはなくなります。

 

また、加工場で働く女性たちも、皆さんヨシケイを利用しています。

やはり、自分の仕事として関わると、ヨシケイの食材に愛着が沸くのかもしれないですね。

 

以上が加工場の求人と仕事内容の解説でした。

 

ヨシケイのお試しセット

YOSHIKEI(ヨシケイ)

※一日に50万食が配達されるヨシケイで、1番売れているメニューがプチママです。

公式サイト▶食材宅配のヨシケイ

 

実際にお試しセットを注文してみました↓

 

-ヨシケイの会社概要

© 2020 ヨシケイを10年利用した口コミ